私自身のインプラント体験談を書きます

年齢を重ねてくると、歯を失った場合にごまかしが利かなくなってきます。
例えば、痛い虫歯を放置していても、若い頃なら神経を抜いて、その歯に詰め物をしていれば、血が流れていなかったりして名目上は死んだ歯とはいえ、自分の歯として使うことも出来ますが、それを越えてくると、もう歯そのものが土台の役目を失ってきます。
かといって、ブリッジを選択すると、他の歯にまでダメージを与えてしまうし、しっかりとかみ締める感覚を取り戻すには、インプラントしかありませんでした。
ただ、イメージとして大きな手術になってしまうとか、行ってしまってから金属が歯になじまないと痛い思いをする期間が長くなってしまうとか、失敗もありうるとかがあり、勇気を振り絞る必要があったのは言うまでもありません。
そこで、私が取った行動としては、ストレスを感じる状況に陥るとか、失敗してしまう原因を調べることでした。
すると、それらは、しっかりとしたカウンセリングを行うことや、最新の機器を持っているクリニックで調べてもらえば、高確率で回避できることが分りました。
例えば、失敗は余計な神経に障ってしまうことで起こりますが、神経を細かくグラフィックでチェックできる機械を導入していれば、回避できます。
そんな感じで、抜群の症例数と、最新の機器を持っているクリニックを探し、さらにインターネットの口コミでカウンセリングのレベルもチェックして選びました。
そのおかげで、ストレスも失敗も無く、食べ物を自分の歯の感覚でかみ締める生活を送れています。