入れ歯にするか、インプラントにするか?

入れ歯にするか、インプラントにするか、ということは、義歯を入れたい人にとっては慎重に選択すべきことです。
入れ歯インプラントと普通の入れ歯には、それぞれ利点と欠点がありますから、それらを全部比較検討したうえで、最終的にどちらが自分に合っているか判断した方がよいでしょう。

まず、インプラント治療は、ただの入れ歯の治療とは違うことを頭に入れておかなければなりません。
入れ歯でも十二分にものか噛めていて、満足しているという場合は、わざわざインプラントをするという選択肢を選ぶ必要はないかもしれません。
しかし、入れ歯を入れて何年かたって、少しずつ入れ歯が自分に合わなくなってくる、といった事態の発生も考えられるでしょう。
そういったときに、改めてインプラント治療のことを考えてみるのもよいと思います。

また、メンテナンスがしやすいか、そうでないかという観点から、インプラントと入れ歯輪比較するのもよいでしょう。
入れ歯は取り外して洗うことができますし、インプラントも自分の歯と同じように歯磨きをして手入れすることが可能です。
どちらのメンテナンスが自分に合っているか、ということから、入れ歯とインプラントを比べてみるのも一つの方法でしょう。

ものを噛むときの利便性、治療期間、費用から両者を比べるという方法もあります。
入れ歯は保険がきくので治療費は安くすみ、治療期間も短期間ですみますが、インプラントのように自分の歯のようなものの噛み心地は得られません。
一方、インプラントは保険が利かないので高額となってしまい、治療期間も長くなってしまいますが、一度入れると、自分の歯のような快適な噛み心地を得ることができます。
入れ歯治療をするにしろ、インプラント治療をするにしろ、入れ歯もインプラントも上手にできる歯科医院を選ぶと、信頼性と安全性の高い治療をすることができることでしょう。
なぜなら、インプラントは長年の入れ歯の研究の結果生まれた技術ですので、入れ歯を上手に作れない医師はインプラントも上手にできないことが多いからです。