歯治療インプラントと入れ歯、ブリッジのメリットとデメリットを考える

不幸にも歯を失ってしまった人にとって、インプラントにするか、それとも入れ歯かブリッジにするのか、というのは非常に悩ましい選択肢です。
入れ歯とブリッジには、保険診療の範囲で治療ができるという大きなメリットがあるものの、大きなデメリットもあります。
ブリッジの最も大きなデメリットは、それを使えるようにするために、周囲の健康な歯を削らなければならなくなることです。
健康な歯を削ってしまうと、虫歯になりやすくなり、それだけブリッジの周囲の歯の寿命も短くなってしまいます。
しかも、年数が経つと歯茎の形が変わってしまうので、作り直さなければなりません。
この点は入れ歯も同じようなもので、結局何年かすると作り直しを余儀なくされたり、調整が必要になってきます。

一方、歯治療インプラントの場合は、入れ歯やブリッジの治療と比べて大きなメリットがあります。
インプラントの一番大きなメリットは、健康な歯を削ってしまう必要がないことです。
このため、インプラントの周囲の歯は長持ちさせることができます。
また、インプラントは天然の歯とほとんど変わりないため、人に見られても義歯をしているとバレることもありません。
さらに、インプラントが天然の歯と変わらないのは見た目だけではありません。
入れ歯やブリッジよりも、インプラントの方が、ものをかむ力が格段に違います
インプラントでは、天然の歯とほとんど変わらない快適な噛み心地を得ることができ、固いものも余裕でかむことができます。

このように、いろいろと素晴らしいメリットのあるインプラントですが、全くデメリットがないわけではありません。
インプラントの一番大きなデメリットは、自由診療であるため、治療費がどうしても高くなってしまうことです。
さらに、インプラントを埋め込めるだけの骨の量がないなど、一部治療に適さない人がいるのもデメリットの一つです。
また、インプラントは埋め込んだあとも定期的なメンテナンスが必要となるため、まめに歯科医院に通えないという人にも向かないでしょう。
このようなそれぞれのメリットとデメリットをよく考えながら、自分に最適な治療法を選びたいものです。

トイプードルブリーダー シルバー
トイプードルと過ごす至福のひと時