インプラントの手術に最新技術の気配りをしている静岡の歯科クリニック

静岡には、インプラントの手術に最新の気配りをしている歯科クリニックがあるそうです。
この歯科クリニックでは、インプラント治療に使うインプラント本体の劣化状態をリセットする技術を取り入れています。
実はインプラント本体は、未開封や新品の状態だったとしても、年数がたっているものだとどんどん劣化が進んでしまうのだそうです。
インプラント本体の劣化が進んでしまいますと、本来の能力が発揮できなくなり、骨との接着能力がどんどん低下してしまうのだそうです。
そこでこの歯科クリニックでは、インプラント本体の能力を製造直後のものによみがえらせるため、光機能化技術という技術を採用しているのだそうです。
この技術は、インプラント治療を行う直前に、インプラント本体に複数の一定の波長の光を当てることにより、劣化したインプラント本体を新鮮な状態に戻すことができる技術だということです。
光機能化技術に必要な処理時間はわずかで済むため、この技術を導入したからといって患者さんの治療が長引いてしまうということはありません。
またこの技術は、すでに多くの一流の科学誌に掲載されている、世界に認められたものなのだそうです。